チャトレのお仕事と納税額について

チャトレとして収入を得ていて、税金の事がよくわからずに
そのまま納税していない人もまだまだ多いのは事実です。

でも分からないまま放っておいて税務調査が入れば、過去3年間にさかのぼって調査され、書類をかき集めたり、
本来納める以上の税金やペナルティを払わなければならないので、毎年ちゃんとしておいた方が無難です。

チャトレでも、雇用関係にあって、(お給料)と言う形で収入があり、源泉徴収されていれば、自分で確定申告せずに年末調整という形で税金の調整があり、
多く支払われている場合は還付金があります。

しかし、多くのチャトレの場合は業務委託(非雇用)となっているので、報酬からは源泉徴収されていません。

自分の雇用形態を先ず調べて、非雇用で『お給料』ではなく
『報酬』をもらっている場合は収入額に応じて確定申告しましょう。

納税額の計算は1月から12月まで、1年間の収入でされます。
1年間の収入が控除額以下(副業の場合20万円以下、本業で38万円以下)の場合は
納税額が0になるので、確定申告はしなくてもよいことになります。

たとえ一年間の報酬がこれ以上であっても、必要経費
(コンピューターやウェブカメラ、通信費等お仕事に必要だった出費)を差し引いて、

控除額以下になれば納税額は0となって、確定申告の必要はありません。
ただし、その場合でも必要経費は税務署の判断に委ねられるので、何か
聞かれた時にすぐに見せられるように必要書類や領収書はきちんと保管しておきましょう。

納税額は収入によって違ってきますが、収入-控除額-必要経費=課税される所得となり、この課税される
所得に応じた税率(5%~)で算出されます。
確定申告は2月16日~3月15日までの1ヶ月の間に提出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る